· 

詐欺メール、フィッシングに注意しましょう!

ウイルス感染などで情勢が不安定になってくると、詐欺メールやフィッシングなども増えてきそうです。

ここ2、3日で私の所にも、詐欺メールやフィッシングを装ったものなどが2件ありました。

皆さんもお気をつけください。

 

特に今回、Amazonから来た詐欺メールには一瞬本物?と思われるところもありました。

このようなメールが来た時に、メールの本文に、岩間麻帆様とういような名前が無く、「ECEIVER ADDRESS」となっているところから詐欺メールかな、と思いました。

 

だけど、差出人のメールアドレスをみると、「@amazon.co.jp」というようにAmazonの正式なメールのドメイン。

このメールアドレスを見て一瞬、本物?と思いました。

 

おかしいな…と思い、メールアドレスをコピーしてインターネットで検索してみました。

 

するとやっぱり、詐欺メールっぽい。

 

このように、メールのドメインがAmazonの正式なものだと本当に騙されやすいと思います。

このように疑わしい場合は、Amazonのカスタマーサービスでメールの確認をするのが確かな方法です。

 

Amazonを装ったメールが本物かどうか確認する方法

Amazonにログインし、「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択

 

「Eメールとメッセージ」の「メッセージセンター」を選択する。

すると、Amazonから送られてきたメールを間違いなく確認することができます。

 

私も確認したら、やはり今回送られてきた「重要なお知らせ」メールはリストになく、Amazonから送られてきていませんでした。

やはり詐欺メールだったということになります。

 

※スマホのアプリでも、メニューから「メッセージセンター」を確認できます。

 

今回のように詐欺メールもとても巧妙になってきています。

送られてきたメールで、クリックを施すような内容があった場合、まず、本物かどうか確認してみましょう。

 

本物かどうか、とりいそぎ確認する方法は主に以下の方法です。

 

詐欺メールかどうか確かめる方法

Amazonだけではなく、Appleや、カード会社、銀行からなどの詐欺メールも横行しています。

メールの本文にあるリンクを、クリック(タップ)せず、必ず確認しましょう。

 

  • メールの「件名」をコピーしてインターネットで検索してみる(詐欺の場合同じような情報が掲載されています)
  • メールアドレスをコピーしてインターネットで検索してみる(同上)
  • 送られてきた会社のホームページを見て、詐欺メールの注意喚起が載っていないか確かめる
  • 銀行からなど、急を要する場合は、直接その銀行の支店に電話をして本当かどうか確認する

 

↓かもめIT教室 LINE公式アカウント

友だち追加